概要

平成の時代も31年度で幕を閉じることとなりました。
この間、全国ではどれだけの小中学校が廃校となり、消えていったのでしょうか。
私の住んでいる愛媛県でも、その状況は痛ましいほどです。
平成元年には、愛媛県内の公立小中学校は、分校を除いて574校あったようです。
それが平成30年度には404校まで減り、約3割が消えていったことになります。
学校はなくなりましたが、何千、何万という卒業生は今もなお生活しています。
故郷を遠く離れている方々が、今はなき母校のことを知り、勇気づけられたり、同窓会の話題の一つとして、いろいろな思い出話のきっかけになればと思い、このサイトを作ってみました。

私の母校も廃校となってしまいました。
ふるさとがなくなるということは非常に寂しいものです。
そこで、せめてネットの世界だけでも、それらの消えていった学校を復活させようと考えた同志が、このサイトを始めることにしました。
今のところ、愛媛県でのプロジェクトですが、同志がおりましたら全国的に広げていくこともできるかと考えています。
その最初の例として、伊予市双海町の下灘中学校を作成してみました。
興味のある方は次のサイトをご覧ください。

伊予市立下灘中学校

自分の母校もこの事例のように残したいと思われる方は、上のメニューからお問い合わせのページに移動し、必要事項をご記入の上、お送りください。